発火フォール

2014年12月に公開したHTML5なパズルゲーム。
マスコットアプリ文化祭2014 (opens new window)の参加作品です。
ちなみに、ハッカドール賞を受賞しました。わーい!

僕は落ち物ゲームが好きですが、スマホ上での落ち物ゲームって結構むずかしいです。
操作デバイス的にテトリス / ぷよぷよをそのままの形で実現することはできないため、なんらかのアレンジをする必要があります。

今作では「ブロックは1つずつ落とす」「自分がタッチするまでは落ちない」というルールにしました。
当然このルールだと詰まることがなくなってしまうので「時間制限内のスコアアタックという形にする」「連鎖中にもゲームは止まらないので、どんどんアクティブ連鎖でつなぐことができる」という要素を入れることで、プレイヤーが焦るように仕向けています。とても忙しいゲームになった。

実装の中身はCreateJSです。
コレ以前につくったHTML5ゲームでは僕は音を出していなかったのですが、さすがに現代のスマホなら大丈夫やろ!と信じて音を鳴らし始めました。
……が、ハッカドールの担当の方のiPhoneだとホラーゲームみたいなヤベー音が鳴っていたそうです。2014年、音はまだ難しかった。


Ruたん (るたん)

#Webエンジニア #Webサービス企画 #個人ゲーム開発者

おしごとではWebサービスの企画やRuby/JavaScriptをつかった開発をしています。
個人の活動では主に自作ゲームをつくっているよ。